2014年12月24日

12月24日


 去年は自転車で都内を一周して

 周りの幸せそうな空気を吸い込みながら

 来年の今日はどうしているのかと想像していた。

 良いか悪いかは別にして、とりあえず今年も自転車に乗ることになったらと想像していた、
 
 「サンタクロースで仮装して都内を一周」

 はできそうにない。
posted by yusa at 16:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

6年間


 今の家を借りるようになって今日でちょうど6年らしい。

 事務から届いた書類に目を通していてそのことに気が付いた。

 この6年間色んなことがあった

 そう言ってしまえばあっさりだが、本当に色々なことがあった。

 そして気が付けば、6年前に将来の目標としていた職業に就いている。

 目標を諦めたのに、望んでもいなかったのに。

 6年前に思い描いていた以上の立場にいる。

 不思議なものだ。

 歩みを止めなければ巡り合わせが来るのかな。

 もしそうならばこれから進まなければいけない道も決まっている。

 某アニメのようだけれど、逃げちゃダメなのかな。 
 
 あなたならこんな僕を見てなんて答えるだろう。

 東京でつきを見るようになってからも6年が過ぎた。

 
posted by yusa at 12:04| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

a whistle in the night


 「彼女から伝言預かってきたよ。今度教えるから飲みに行きましょう」

 どうやら職場の同僚が学会で僕の元カノに会ってきたらしい。

 それから2週間。

 未だに食事の約束をしていない。



 本当に重要な内容だったらすぐに伝えるか、

 同僚を介さずにメッセージが来るはずで

 実際そうじゃないということはそれほどの内容ではないということ。

 一方でわざわざ伝言を預かってくるということは
 
 少なくとも過去の傷を掘り起こすような悪い話ではないだろうということも想像できる。

 結局は中途半端な伝言を聞かされて、

 ようやく忘れられた気持ちを中途半端に掻き乱されるのではないかということを

 心配しているのである。



 彼女と別れてから彼女よりも美人な人と付き合った。

 彼女よりも僕のことを思ってくれる人と付き合った。

 彼女よりも料理が上手な人と付き合った。

 けれど、正直なところ、その人たちがどんな人たちだったのか思い出せない。

 一緒にいるときは全員彼女よりも優れていると感じていたのに。

 

 さっきは“ようやく忘れられた”なんて言ったけど、

 本当は忘れてなんていない。

 単に彼女はもうここにいないのだと諦めることができただけ。

 だからこそ今更その諦めをさらに心の傷の奥深くに刻まれることは避けたいし、

 逆にその諦めがわずかな希望に変わってしまうことも怖い。

 けれど、もしその希望が新しい道になるのなら話を聞いてみても良いのではという邪念もある。



 どうすることが正解なのかは未だに分からない。
 
 こんなどうしようもない人間だから僕は未だにひとりなのだろう。
posted by yusa at 19:33| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

不確かな未来


世界を変えるって何だろう。

何十年もかけて実績を積み上げたすごい先生たちですら普通の人からは気付かれないのに

僕なんかが世界を変えるようなことをできるのだろうか。

10年後、20年後なんていう不確かな未来に向かって生きてなんていけないよ。

そう思った矢先に10年かけて業績を出した先生が日本で一番偉い人とお話をされた。

結局自分は不確かさを理由に逃げてるだけだ。


posted by yusa at 23:17| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

振り返り


仕事をしながらyoutubeを見ていたら、中学の先輩に似た人が画面の片隅に一瞬映ったのが見えた。

気になって調べてみると、やっぱり先輩だった。

頭は悪いけれど、人の顔だけは忘れることができない能力がこんなところでも発揮された。

日本代表を目指して突き進んでいた先輩は今どこで何をしているんだろう。

そもそも先輩との思い出って何かあったかな・・・。

そんなことを思いながら再び仕事の方へと目を移した。

自分もどこかで誰かにそんなことを思われているのかもしれない。

今日半年振りに再会した患者さんにyusaさんのこと知ってるっていう人に会ったよと言われたから。
posted by yusa at 21:44| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

NOK


世の中の出来事は全て運命付けられていて、ひとつにつながるようにできているのか、

それとも自分の意識の中にある物事ほど強く関連付けて考えるから

世の中の出来事がひとつにつながっているように錯覚するのか。

答えはいつも分からない。

けれどひとつだけ確実なのはそこに可能性を持った事象が落ちているということ。


posted by yusa at 23:50| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月19日

90 club


どの道に進むにしても、TOEFLは避けては通れない道なのか。。。



英語の壁にぶつかる度に院試の過去問を初めて見たときのことを思い出す。

あのときは問題文どころか、最初の注意書きすら理解できなかった。

あのときに自分の持っている力は全て出し切ってしまった?

いや、たぶんそれを言い訳にずっとサボっているだけ。

そろそろ動き出さなければいけない。

posted by yusa at 20:49| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

Alive Inside



何気なく見ていた映像から自分が本当にやりたかったことを思い出した。

このどこからともなく湧き上がってくるワクワク感。

こんな感覚いつ以来だろう。

忘れていた。

ずっと誰かが作ってくれた道を歩いてきたから。

そのことをカナダにいる友達に相談したら

「私もその大学に行こうか考えてたとこだよ」

そう言った。

運命は予期せぬときにこそ点と点が繋がって大きな線となる。

今すぐ行動できるわけではないけれど、

少なくとも今を頑張る原動力は見つけることができた。

posted by yusa at 19:42| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月21日

ランドマーク


隣で手を繋ぐ人が

「東京タワーとスカイツリーどちらが好き?」

と聞いてきた。

考える必要もなく、僕の答えは初めから決まっていた。

梅雨が残る東京で、

歩いて東京タワーを見上げたのは久しぶりだった。

増上寺の中から東京タワーを見上げたのはもっと久しぶりだった。

東京を初めて意識したとき

大切な人をずっと待ち続けたとき

やっぱりここには色々なものが詰まっている。
posted by yusa at 23:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

It's never too late


例えば人には言えないことがあったとして、それを僕はどこまで内緒にすることができるのだろう。



誰かが手を差し伸べて今日が七夕だということを知った。



決して綺麗ではない七夕。

posted by yusa at 22:02| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

The Fear


「過去に満足はしていなくても、すべての過去に納得している」

というある人の言葉に共感した。

常々過去のことを振り返ったときに

「過去が素晴らしかったとは思えないけれど、過去があるから今の自分があると思える」

と言っていたけれど、

その人の言葉で自分が過去をどういう風に解釈しているか理解することができた。

現在が過去になったときに同じように言えるよう今を頑張ろう。

posted by yusa at 19:48| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

癒しと慰め



先生、こういう時に女の子が求めてるのは

「なんで?」

じゃなくて、

「どうしたの?大丈夫?」

だよ。






深い


posted by yusa at 20:42| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

生徒と先生


もう6年も前のことだけれど、

僕は変わることができたのだろうか。

そして今日が誕生日のあの人は

今どこで何をしているのだろう。

4月1日が終わりを迎え、

そんなことを考えながら眠りにつく初日。

おやすみなさい
posted by yusa at 02:04| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

二律背反


上司に呼び出される1分前

それはいつもと変わらぬ日常だった。

上司に呼び出された1分後

目の前にある世界が音を立てて崩れていく感覚を知った。




人生は本当に何が起こるか分からない。

こんな未来はプランCですらなくて、

むしろ一番避けたい道だったのに・・・。

はっきり言って断りたい。

自分には無理だと分かっているから。

けれど、これまでの自分の人生で

想像していた未来を真っ直ぐに歩いた経験はなくて、

いつもいきなり目の前に新しい道ができあがるから

今回も神様が強制的にレールを引いてくれたのだろう。

そう思っておくことにする。





名誉とは、重圧を背負う覚悟がないと

手に入れられないものなんだなぁ
posted by yusa at 17:48| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月17日

Where we came from


言葉も文化も違う国で最期を迎えるというのは

例えそれが最先端の医療を受けられる条件であったとしても

本人にとって幸せなことなのだろうか。

少なくとも僕が同じ立場だったら、

日本で死にたいと思う。

何の迷いもなくそう思ってしまうあたり、

自分の根幹は日本人なんだなぁ。

最近全く日本語の夢を見なくなった。


posted by yusa at 01:51| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月29日

chronic intoxication


1383009537486.jpg


I don't know which one to choose,

But I can't escape this life.

posted by yusa at 10:20| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

If thete is any chance



We'll meet at Narita airport tomorrow.

そう言って時間も場所も決めずに成田空港へ。

会ったこともない人なのに見つけてしまうのは

持って生まれた才能。

DSC_0279.JPG
posted by yusa at 14:35| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

Trainer, Trainee



DSC_0268.JPG

迷ったときはいつもここに来る。

忘れてしまったことを思い出せる場所だから。
posted by yusa at 00:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

Continue



言葉を話せなくなった人から

手を握られて涙を流される。



その人がどれだけ苦しいか、どれだけ辛いか

僕には計り知れない。

けれどそれを少しでも代弁し、

その人のために行動するのが僕の仕事。

仕事の別れ際に握られたその手は

僕が少しでもその人の力になれたことを意味していた。

しかし、ここがゴールではない。

今生きていればそれで全てが解決ではない。

目の前に迫っていた死を避けることができたのならば

これからの生活、これからの人生のために

新たな努力を始めなけれ

ばいけない。

僕は握られた手にもう一方の手を重ね、

「明日からは話せるための練習をしましょう」

そう言った。

握られたその手がより一層強くなったのを感じて

僕は微笑んだ。



こんなことを毎日のように経験できるだけでなく、

それを生業と呼べることは幸せなことなのかもしれない。

posted by yusa at 00:30| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

ひどいこと


「愛してる」

昨日教えられたその言葉を耳元で囁く。

「今の、自然で良かった」

そう言って僕を抱き締める腕が強くなる。

結局は人間も言葉を操れるようになった動物にすぎない。

そしてどの世界にも同じ人間はいる。

何も変わらない。何も。
posted by yusa at 02:41| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。