2016年03月10日

永遠に


僕のどこが好きなの?

「歯ならびがきれいなところ」

半分冗談、半分本気でそんなことを言う。

いや、もしかしたら本当に歯ならび以外いいところはないかもしれない。

そう思えてしまうくらい全てにおいて相手が勝っている。

まあ、それくらいの方が僕にはちょうどいいか。




この曲を初めて聴いた頃の自分に今の自分は想像できなかっただろう。

posted by yusa at 00:04| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

bird


自由気ままに生きてきた。

けれどそれがもうすぐ終わろうとしている。

新しい世界へ
posted by yusa at 21:04| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

surface


約20年越しの夢を叶えた。

まだこれが現実だと確信し切れていないけれど、これから少しずつ確信に変わっていくのだろう。

posted by yusa at 20:19| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

the two of us


増上寺の話をする彼女を見つめながらもう2年近く音沙汰のない人のことに思いを馳せる。

今度こそ、この人が僕の正解なのだろうか。
posted by yusa at 01:37| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

I love you more


"you never leave my mind"

果たしてこのyouは誰を指しているのか。

それが分からないままこの歳になってしまった。
posted by yusa at 21:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

We would only hold on to let go



もうずっと前から分かっていた。

お互いを埋めるためだけでは何の意味もないことを。

変わらない。

何も変わらない。

いつまでこんな生活を続ければ良い?
posted by yusa at 20:05| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

sara smile


新婚の先輩の家に同期と二人で遊びに行った。

幸せそうなオーラを出しながら

「毎日喧嘩ばかりだよ」

そう言う二人を見て

「僕も早く結婚したいなぁ」

と言うと

「yusaが最後に本気で人を愛したのは3年前だよね」

と隣に座る同期に返されてしまった。

そんな同期も来年には結婚するらしい。

僕はあと何年かかるのかな。

それとも本気で愛せない人ととでも良いから一緒になればいいのかな。
posted by yusa at 20:25| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

ラブソング


地元が同じで職場も同じ。収入も安定している。

もうこれ以上の人はいない。

そう思えるほど条件は完璧だった。





色々な所に行った。

たくさん話をした。

こんなにも長い時間一緒にいた人は久しぶりだった。





こんなにも条件が合う人はいない。

結婚するならこの人なのかもしれない。

多分お互いにそう思っていた。





けれど合っていたのは条件だけだった。

僕はその人を好きになれなかった。

一番大切な「人として愛すること」ができなかった。





好きになれ、好きになれと自分に暗示をかけたけれど無理だった。

出身、職場、収入、全て完璧なのに。

むしろ全てから解放された時にホッとした自分がいた。





愛するって何なんだろう。

結婚って何なんだろう。

どうすれば僕の感情は満足するのだろう。





最後に心の底から愛してると言った時がいつなのか思い出せない。
posted by yusa at 20:14| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

東京


なんだか無性にくるりが聴きたくなってyoutubeを調べてみたら

学生時代に繰り返し聞いていた春風がまだ削除されずに残っていた。

ふと夜中までパソコン室に残って卒業論文を書いていた日々が甦る。



あれから何年もの時が過ぎたのに未だに同じようなことをしている。

それどころか今では卒業論文を教える立場にいる。

あの時、今も同じようにパソコンに向かうことになるなんて思ってもいなかっただろう。



次の未来に僕は何をしているのだろう。

もしかしたらパソコンは過去の遺物になっているかもしれない。
posted by yusa at 21:41| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

that girl


 「また会いたいな」

 「じゃあ会いに行くね」

 愛するフリをする女と騙されたフリをする男

 似た者同士の二人が本当の姿を見せるのはアルコールで満たされたときだけ

 夜の街ではあんなにも唇を重ねているのに

 昼の街では会話すら続かないことがそれを物語っている

 そんな関係に未来がないことはお互いに知っている

 だって似た者同士だから

 それなのにお互いに仮面を被り続けたまま

 アルコールが再び体を満たすのを待っている
posted by yusa at 20:59| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

哀情


自分の体に傷を付けてまで得る美に意味はあるのだろうか。

そう思えるのは自分自身が自らの容姿に不満を感じていないからなのだろうか。

そんなことを思いながら目の前に眠っている人を抱きしめる。

彼女が隠している本当の名前は心の中にしまったまま。

傷口に手を這わせてはただ、ただ、抱きしめる。

「愛してる」

そう言ってしまえば引き返せなくなることは分かっていたから。
posted by yusa at 21:20| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

Look after you


どこからともなく声が聞こえたり、

自分の内側から何かが湧き出てきたり、

世界が歪んだり、

そんな感覚を持っていたことがある。

それが現実か幻かの区別をできなくなる寸前まではいっていたと思う。



久しぶりに「ブラックジャックによろしく」を読んで昔自分が持っていた感覚を思い出した。

そして話を読んでいく中で精神科と関わりの深い知り合いの議員がよく話すことを思い出した。



なぜ自分はあの暗闇の中を抜け出して今ここにいるのだろう。

誰がその暗闇から手を差し伸べてくれたのだろう。



僕の親しい友人の恋人が手首を切ってしまう人らしい。

「君は彼女に手を差し伸べるのかい?」

そう僕が問うと

「痛そうだね。俺は一緒にやらないけど好きにするといい、って言います。本人の自由ですから。」

そう彼は答えた。

彼と付き合って2年、彼女が手首に傷を付ける回数は減ったようだ。
posted by yusa at 21:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

in my place



10年前は何をしてたのかなと思い、ふとこのブログで適当にヒットした記事を読んでみたら

cold play の in my place に触れた記事だった。

あの頃は何をやっていたんだっけ・・・

そんなことを考え始めたのと同時にランダム再生中のiTunesが in my place をチョイスした。

このiTunesは自分の思考とリンクしているのだろうか。

はたまたこんなところにも偶然は潜んでいるのか。

自分がまだ人間であるのなら後者であることを願いたい。
posted by yusa at 23:13| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

over my head


愛というものが分からずに世界を回ったのに
愛する人は産まれたときからすぐ近くにいる人だった

そんな展開が待っているのかな
posted by yusa at 22:28| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

夜に口笛


男の嫉妬や独占欲

そういったものを上手く利用しながら生きている女性たちが世の中にはいる

もし自分がもう少し若くて愛する人もいなければはまっていたかもしれない





そんなことを思った人生初の風俗営業体験。

友達がママをやっている縁もあって社会勉強をしようとスナックへ遊びに行った。

閉店後にママに「○○ちゃん、あなたのことが好きみたいよ」と言われて、

実際ベロベロに酔っ払ったその子を送らされる羽目になったのだけど

世の男性たちはこういったことで日頃解消できないものを解消しているのだろうか。

自分の知らない世界を知ることができてなかなか楽しかった。

自分が行くことはもうないと思うけど、熱を入れてしまう人の心理が分かった気がする。
posted by yusa at 18:50| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

生きる


“生きる”とはどういことなのだろう。

“誰かのために生きる”ではなく“誰かとともに生きる”とはどういうことなのだろう。

朝目覚めると誰かが隣にいる。

けれどその人とともに生きていく姿を僕は想像できない。
posted by yusa at 20:59| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

きっかけ


学生の話を聞いていて自分の昔のことを思い出した。

危うく相談に乗っている自分が泣きそうになった。

もう一度だけでいいから名前を呼ぶ声が聞きたかったな。


posted by yusa at 20:00| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

don't wanna write this down


周りはどんどん結婚していく。

それなのに自分は結婚して欲しいと言ってくれた相手を泣かせている。

結婚って何なんだろう。
posted by yusa at 19:43| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

incise


タイミングが大事

その意味がよく分かる歳になった



posted by yusa at 19:08| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月02日


色々な場所に行って、色々な人に出会って、色々なことをした。

それなのにたった一言のメッセージだけでこれまでの3年間を超えてしまった。

結局忘れられなかった。
posted by yusa at 11:48| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。